書籍検索








ホーム > 呼吸器一般 >自然気胸―最近の治療法―

自然気胸―最近の治療法―

前日本大学医学部第2外科教授
大畑 正昭 編著

B5判・128頁・本体価格:4,200円・2001年
ISBN4-7719-0232-1

【書籍名】自然気胸―最近の治療法―
【品番コード】00232
購入数

要旨

拙著「自然気胸」を上梓して18年が経過しました。その間内外で多数のこの方面の研究業績が挙げられておりますが,気胸の原因となる気腫性肺嚢胞の発生と 気胸にいたるメカニズムについては残念ながら未だ解明されておりません。しかし,気腫性肺嚢胞の画像診断はHRCTの登場によって飛躍的に向上し,3次元 構成によって位置と拡がりが正確に評価できるようにもなって参りました。一方,治療面においては,ビデオ胸腔鏡の導入により,自然気胸に対する外科療法は minimal invasiveの方向に大きく変換いたしました。

1998年,第2回日本気胸学会を主宰した際に,会長特別示説として筆者が日本大学第二外科在職中に行った気胸学研究の軌跡を小冊子にまとめましたが,そ の機会に,「自然気胸の最近の治療法」を教室の呼吸器外科グループ分担での執筆を企画致しました。以来すでに2年が経過しましたが,漸くこのたび上梓の運 びとなりました。

自然気胸に対する積極的治療法は20世紀半ばに始まったtube drainageでありましたが,その頃より自然気胸の原因が胸膜下気腫性肺嚢胞の破綻によって起こることが明らかとなり,開胸手術によって気腫性肺嚢胞 を切除するようになって参りました。欧米ではすでに1930年代に自然気胸に対する開胸手術が行われておりますが,本邦においては1960年代から再発気 胸に対して外科療法が考慮されるようになりました。一方,胸腔鏡による自然気胸の治療は,1911年H. C. Jacobaeusが胸腔鏡を開発して以来,これを利用した嚢胞に対する直接的な処置が行われていましたが,1980年代にビデオシステムと内視鏡のドッ キングによるビデオ腹腔鏡が1990年には胸腔疾患へ導入され,本邦においても1992年にはEndoGIAが使用できるようになって,急速に自然気胸に 対するビデオ胸腔鏡下手術が燎原の火のように拡がったのであります。しかし,自然気胸は原発性から続発性まで幅広い病態があり,すべての気胸を胸腔鏡下に 処理することは困難であります。また,安易に行われた胸腔鏡下手術の術後の高い再発率が報告されていることは憂慮すべき課題であります。

本邦で自然気胸に対するビデオ胸腔鏡下手術が始まって8年が経過しました。そして時代は新しい世紀に入ろうとしております。この時期にもう一度自然気胸の 原点に戻って,初回気胸の半数は再発しないこと,男性健常者の10数%が気腫性肺嚢胞の保有者であり,しかもこれらの気胸発症はきわめて稀であることなど を考慮して,症例毎の的確な治療法を選択すべきであり,そのために本書がいささかでも役立つならば著者らの望外の喜びであります。
平成12年 師走
大畑 正昭

もくじ

1 自然気胸の治療/1

A.自然気胸治療法の変遷…大畑正昭/1

B.保存的治療/4

1)胸腔ドレナージ…長坂不二夫/4
1.胸腔ドレナージの意義と適応/4  
2.胸腔ドレナージの手技/4  
3.ハイムリッヒ・バルブと気胸セット/5  
4.胸腔ドレーンの管理/6  
5.胸腔ドレナージの期間と抜去/6

2)自然気胸に対する胸膜癒着療法…古賀 守/7
はじめに/7  
1.癒着療法の歴史/7  
2.癒着療法の機序/7  
3.胸膜癒着剤の種類/8  
おわりに/10

3)気管支鏡下気管支閉塞術…村松 高/12
はじめに/12  
1.適応/12  
2.方法/12  
3.当施設での結果/13    
4.症例/13  
まとめ/15

C.手術療法/16

1)胸腔鏡下手術…村松 高/16 はじめに/16  
1.胸腔鏡下外科手術の器材と器具/16  
2.自然気胸に対する胸腔鏡下手術/20  
3.胸腔鏡下のその他の手技/25  
4.症例/27  
5.術後成績/30  
6.胸腔鏡下外科手術の合併症と対策/34

2)開胸手術…長坂不二夫,北村一雄/39
1.開胸アプローチ/39  
2.気腫性肺嚢胞に対する処置/42  
3.気胸再発防止のための処置/42  
4.気胸合併症または随伴病変に対する処置/43

2 再膨張性肺水腫と治療…長坂不二夫/45

1.再膨張性肺水腫の概念/45  
2.病態生理/45  
3.臨床症状と診断/45  
4.治療/46  
5.予防/46  
6.典型的な再膨張性肺水腫の1例/46

3 自然気胸の再発…西村 理/49

1.保存的治療法の再発率/49  
2.手術療法の再発率/50  
まとめ/51

4 特殊な気胸と治療/55

1)月経随伴性気胸…西村 理/55 1.月経随伴性気胸の概念/55  
2.病因/55  
3.診断と鑑別診断/55  
4.治療,予後(再発)/56  
おわりに/57

2)Marfan症候群と自然気胸…大森一光/59 1.症例/59

3)びまん性過誤腫性肺脈管筋腫症に合併する気胸…長坂不二夫/62
1.概念/62  
2.臨床経過/62  
3.病因,診断/62  
4.治療/62  
5.症例/63

4)Histiocytosis Xに合併する気胸…羽賀直樹/65
1.症状/65  
2.胸部X線所見/65  
3.診断/65  
4.治療/65

5)肺癌と気胸…四万村三恵/67
1.症例/67

6)肺吸虫症に合併した気胸…羽賀直樹/69
1.ウェステルマン肺吸虫症/69  
2.宮崎肺吸虫症/70

7)AIDSと気胸…並木義夫/72
はじめに/72  
1.疫学/72  
2.病因/72  
3.病理/73  
4.診断/73  
5.治療/73  
6.予後/74  
7.症例/74

8)難治性気胸…大森一光/77
はじめに/77  
1.難治性気胸/77  
2.自験例/77  
3.難治性気胸の治療/79

9)高齢者自然気胸…大森一光/81
はじめに/81  
1.自験例/81  
2.高齢者気胸の治療/83  
3.症例/83  結語/84

5 自然気胸に合併した血気胸と治療…大森一光/85

はじめに/85  
1.自験例/85  
2.診断/86  
3.発生原因/86  
4.治療/87  5.症例/87

6 肺の気腫性疾患に対する外科治療/89

1)肺気腫に対する外科治療の歴史…大畑正昭/89
はじめに/89  
1.肺気腫に対する外科治療の変遷/89  
おわりに/92

2)巨大気腫性肺嚢胞の病態と治療…大畑正昭,大森一光/94
はじめに/94  
1.巨大気腫性肺嚢胞の定義/94  
2.肺気腫と巨大気腫性肺嚢胞の分類/94  
3.巨大気腫性肺嚢胞の成因と病態/96  
4.巨大気腫性肺嚢胞の組織学的所見/96  
5.巨大気腫性肺嚢胞治療法の変遷/97  
6.巨大気腫性肺嚢胞の手術適応についての見解/98  
7.巨大気腫性肺嚢胞手術のアプローチ/99  
8.巨大気腫性肺嚢胞の手術術式/99  
9.巨大気腫性肺嚢胞教室症例/99  
10.巨大気腫性肺嚢胞に対する胸腔鏡下手術/101

3)びまん性閉塞性肺気腫に対する外科療法…村松 高/106
はじめに/106  
1.肺気腫に対する外科治療/106  
2.内視鏡下レーザーによる肺嚢胞焼灼術(thoracoscopic laser pneumoplasty:TLP)/106  
3.ステープラによる開胸下肺容量縮小術(volume reduction surgery)/107  
4.肺移植/108  
5.肺気腫に対する外科治療の今後/108  結語/109

7 自然気胸治療の将来…大畑正昭/111

索 引/113

その他のシリーズはこちら->

このページのtopに戻る