書籍検索








ホーム > 呼吸器一般 >睡眠時無呼吸症候群 改訂第2版

睡眠時無呼吸症候群 改訂第2版

SLEEP APNEA SYNDROME

本間 栄 編著

B5判・200頁
定価5,985円(本体5,700円+税5%)2009年
ISBN978-4-7719-0363-0

【書籍名】睡眠時無呼吸症候群 改訂第2版
【品番コード】00363
購入数


10年のSAS研究の集大成。
日常診療に役立つ最新版!

目次

第1章 定義と分類(AASM)(櫻井 滋)

1 はじめに
  1)ICSD-2 / 2)ICD 9-CMとの関連 / 3)DSM-IVに対する影響 /
  4)ICSD-2における睡眠関連疾患分類
2 SDBの分類と定義
  1)中枢型睡眠時無呼吸症候群(CSAS) / 
  2)閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS) / 
  3)睡眠関連低換気/低酸素血症・症候群
   (sleep related hypoventilation/hypoxemia syndrome) / 
  4)CSASの細分類 / 5)OSASの細分類 / 
  6)睡眠関連低換気/低酸素血症・症候群の細分類
   (sleep related hypoventilation/hypoxemia syndrome) / 
  7)身体疾患に起因する睡眠関連低換気/低酸素血症・症候群の細分類
   (sleep related hypoventilation/hypoxemia due to medical condition) / 
  8)その他の睡眠関連呼吸障害(other sleep related breathing disorder)
3 SDB以外の睡眠関連疾患の分類
  1)不眠(症) / 2)中枢由来の過眠(症) / 3)概日リズム睡眠障害 / 
  4)睡眠随伴症 / 5)睡眠関連運動障害 / 6)独立症候と正常バリアント / 
  7)その他の睡眠疾患 / 8)追補
4 おわりに

第2章 SASの疫学(村木 功,谷川 武)

1 SASの有病率・発症率
2 SDBの発症・増悪因子
3 SASの健康影響
  1)高血圧 / 2)糖代謝障害・インスリン抵抗性(HOMA) / 
  3)脳心血管疾患 / 4)心房細動 / 5)炎症 / 
  6)男性性機能不全(ED) / 7)神経精神機能 / 8)生活の質(QOL)
4 SASの社会影響
  1)日中過眠(EPS) / 2)交通事故・産業災害 / 3)小児のSAS
5 おわりに

第3章 呼吸異常判定基準と診断方法(山城義広)

1 はじめに
2 呼吸異常の測定
  1)無呼吸の判定 / 2)低呼吸の判定 / 
  3)呼吸努力関連覚醒反応(RERA)の判定 / 4)低換気ルール / 
  5)チェーン・ストークス呼吸ルール / 6)呼吸異常判定の問題点
3 SASの検査方法
  1)簡易診断装置 / 2)ポリソムノグラフィー / 3)PSGの適応
4 眠気の検査方法
  1)客観的検査 / 2)主観的検査
5 おわりに

第4章 中枢型睡眠時無呼吸症候群

1 特発性中枢型睡眠時無呼吸症候群(中山秀章)
  1 はじめに / 2 定義 / 3 疫学 / 4 病因 / 
  5 自覚症状と他覚所見 / 6 診断 / 7 治療と予後
2 チェーン・ストークス呼吸(葛西隆敏)
  1 チェーン・ストークス呼吸とは / 2 診断方法と基準 / 
  3 治療と予後 / 4 おわりに
3 複合型睡眠時無呼吸症候群(臼井靖博)
  1 定義 / 2 発生頻度 / 3 発生機序 / 4 治療 / 
  5 予後 / 6 おわりに

第5章 病態生理

1 SASの性差・人種差(佐藤 誠)
  1 閉塞型睡眠時無呼吸症候群の危険因子 / 2 性差 / 
  3 人種差 / 4 おわりに
2 SASと顎顔面形態(皸耆再麩此に楷屐 ̄鼻
  1 はじめに / 2 病態生理 / 3 顎顔面形態測定の臨床的意義 / 
  4 顎顔面形態の検査方法 / 5 おわりに
3 いびき・SASと鼻呼吸障害(大木幹文)
  1 はじめに / 2 鼻腔生理学の理解 / 
  3 鼻呼吸障害に対する治療 / 4 おわりに
4 SASと上気道(赤星俊樹,永岡賢一,清藤晃司,神津 悠,植松昭仁)
  1 はじめに / 2 上気道の開存性 / 3 咽頭気道の閉塞因子 / 
  4 咽頭気道の拡張因子 / 5 咽頭気道と換気調節の安定性 / 
  6 OSAHSにおける咽頭気道閉塞の発症機序 / 7 おわりに
5 SASと眠気(林田健一,井上雄一)
  1 はじめに / 2 眠気の評価 / 3 SAS患者の眠気の要因,実態 / 
  4 残遺眠気の実態 / 5 SAS患者の眠気への対処 / 6 おわりに
6 SASと全身性炎症(玉置伸二,木村 弘)
  1 はじめに / 2 OSASと動脈硬化 / 3 OSASにおける全身性炎症 / 
  4 OSASと酸化ストレス / 
  5 OSASにおける間歇的低酸素と炎症経路の活性化 / 
  6 OSASにおける全身性炎症とCPAP治療 / 7 おわりに
7 SASと交感神経系(篠邉龍二郎)
  1 はじめに / 2 SASと循環器疾患 / 3 SASと高血圧 / 
  4 自律神経活動の検査 / 5 SASでの自律神経系 / 6 おわりに
8 SASと間歇的低酸素(横江琢也)
  1 はじめに / 2 SAS / 3 間歇的低酸素 / 4 おわり
9 乳幼児SAS(小保内俊雅)
  1 はじめに / 2 正常乳幼児にみられる睡眠時呼吸の様相 / 
  3 睡眠中の呼吸異常 / 4 新生児期にみられるSAS / 
  5 乳児早期の無呼吸 / 6 乳〜幼児期のSAS / 7 おわりに

第6章 SASの合併症

1 心血管病変(長田尚彦)
  1 はじめに / 2 高血圧発症の背景にあるOSAS / 
  3 OSASと冠動脈危険因子 / 4 OSASと心血管疾患 / 
  5 SASと心不全 / 6 OSASと脳卒中 / 7 おわりに
2 SASと不整脈,突然死・予後(芹澤直紀)
  1 はじめに / 2 SASの催不整脈作用 / 3 SASと徐脈性不整脈 / 
  4 SASと心房細動 / 5 SASと心室性不整脈 / 6 SASと突然死
3 SASとメタボリックシンドローム(土肥智貴)
  1 はじめに / 2 メタボリックシンドロームについて / 
  3 OSASとMetsの関連性について / 4 おわりに
4 睡眠時低換気症候群と肥満低換気症候群(佐藤大輔,皸耆再麩此
  1 SHVSとOHSの位置づけ / 2 OHSの概念と病態生理 / 
  3 SHVSとOHSの診断 / 4 OHSの臨床的特徴 / 
  5 OHSの治療 / 6 OHSの予後

第7章 治 療

1  Nasal CPAP療法とその他の陽圧治療(前野健一)
  1 はじめに / 2 CPAP療法の原理 / 3 CPAP療法の意義 / 
  4 CPAP療法に使用する機器 / 5 タイトレーションと設定 / 
  6 保険診療における適応と実際 / 7 CPAP療法の導入 / 
  8 外来でのCPAP療法の実際 / 
  9 心不全合併CSR─CSASに対する陽圧治療 / 10 おわりに
2 口腔内装置による治療(對木 悟)
  1 はじめに / 2 口腔内装置の歴史 / 3 口腔内装置の治療原理 / 
  4 口腔内装置の適応と治療成績 / 5 口腔内装置の利点と欠点 / 6 おわりに
3 耳鼻咽喉科的手術的治療(千葉伸太郎)
  1 はじめに / 2 Sleep surgery(sleep apnea surgery)とは / 
  3 Sleep surgeryのための睡眠検査 / 4 小児のsleep surgery / 
  5 成人のsleep surgery(phase 1) / 6 成人のsleep surgery(phase 2) / 
  7 Sleep surgeryにおける周術期管理の重要性 / 8 おわりに
4 減量療法(坂根直樹)
  1 はじめに / 2 SAS患者の減量効果と睡眠呼吸障害の改善 / 
  3 効果の出ない減量指導とは / 4 体重増加を体感させる / 
  5 一番簡単な食事療法は何か / 6 1日2回の体重記録 / 7 運動療法 / 
  8 ダイエットは睡眠から / 9 リバウンドを予防するには / 10 おわりに

第8章 SAS診療におけるセンター病院とSAS関連クリニックの医療連携モデル

1 センター病院の立場から(笠木 聡,成井浩司)
  1 はじめに / 2 SASの診断 / 
  3 医療連携によるCPAP患者の管理 / 4 おわりに
2 クリニックの立場から(徳永 豊)
  1 はじめに / 2 SAS診断とPSGの必要性 / 
  3 携帯装置「簡易検査」とPSG / 4 米国の現状 / 
  5 携帯装置とPSGの診療ダイアグラム / 6 CPAP療法と診療報酬制度 / 
  7 CPAP療法のポイント / 8 自動CPAP装置 / 
  9 国際的医療機器規制(GHTF)と改正薬事法 / 
  10 医薬品・医療機器等安全性情報報告制度 / 
  11 CPAP装置の貸与と医療機器賃貸業者 / 12 おわりに

第9章 循環器診療とSAS診療の連携の重要性について(百村伸一)

1 はじめに
2 循環器疾患の危険因子としてのSASの認識
3 循環器医師の役割
4 SDB専門医との連携
5 実地医科との連携
6 ガイドラインにみるSDB連携

その他のシリーズはこちら->

このページのtopに戻る