書籍検索








ホーム > 麻酔科学(ペインクリニック) >第36回(1997年度)麻酔指導医認定筆記試験問題解説集

第36回(1997年度)麻酔指導医認定筆記試験問題解説集


定価3,000円
ISBN4-7719-0202-X

【書籍名】第36回(1997年度)麻酔指導医認定筆記試験問題解説集
【品番コード】00202
購入数

本書の使い方とねらい

本書は日本麻酔学会第36回麻酔指導医認定筆記試験の問題と,その解説である。麻酔指導医試験を受験される先生方の役に立つと同時に,受験生を指導される先生方の教育の手掛かりになることを願って,装いを新たに計画されたものである。

なお,問題文は,出題されたものと同一である。用語の不統一などは,実際の問題文中に存在したものである。問題は出題されたものをすべて掲載したが,不適当問題として採点から除外されたものについては,問題文を掲載するにとどめ,あえて解説は加えなかった。

各問題の解説の構成は以下のようになっている。
[問題番号]タイトル
各問題の前に問題番号とタイトルが付いているが,このタイトルは,当研究会で独自につけた問題の範疇である。どのような領域から出題されているかの目安としてお使いいただきたい。
C問題では,あまり詳しい見出しをつけると解答のヒントとなるために,見出しはおおまかなものとした。

【キーワード】
各問題で質問されている事柄を挙げてある。この程度の言葉は知っておくべきであるという目安になるだろう。

【解答へのアプローチ】
各設問をどのように考えて解答すべきであるかを示した。問題の難易度について言及したものもある。Cの状況設定問題では,疾患や治療法の解説となっている。

【選択肢解説】
各選択肢に簡単な解説を加え,さらに発展した解説も付け加えてある。

【対策】
今後,どのような範囲について勉強していくべきかについて述べた。試験のヤマのようになっている部分もある。

【テキスト】
主に「最新麻酔科学(改訂第2版)」のページ数を参照テキストとして挙げた。もちろん,解答にあたっては他の書籍や論文も参考にしている。

また,解説中にも参考となる図表を「最新麻酔科学」より適宜引用した。割愛した図表については「→」マークの後にテキスト名ならびに参照頁を示した。
なお,主なテキストは以下のように略してある。
「最新麻酔」…「最新麻酔科学(改訂第2版)」(克誠堂出版,1995年)
「麻酔べ」…「麻酔科学ベーシック」(MEDSI,1996年)
「Barash」…「Clinical Anesthesia(Edited by Barash PG,et al; Third edition)」(Lippincott-Raven Publishers, Philadelphia,1997年)

【関連問題】
A・B問題のみ,第35・36回試験の中に類似の問題があれば,その問題番号を記載した。

【正解】
日本麻酔学会が発表したものを正解とした。ただし,設問に問題があると考えられるものについては,「選択肢の解説」の中で述べてある。

本書の解説は完全なものではない。オーソドックスな教科書的な解説となっている。当研究会の中でも意見の相違はあったし,紙面が許せば,さらに解説を加えておきたい設問もあった。この解説集をさらによいものにするには,読者による補遺が重要と考えている。
なお,巻末にある「愛読者FAX送信書」でご意見を伺えれば幸いである。

1998年7月
麻酔指導医試験対策研究会

目次

【A問題】

[36A1]麻酔薬開発の歴史 2
[36A2]MRSAの消毒 3
[36A3]麻酔ガス供給装置 4
[36A4]麻酔に関係する物理:Laplaceの法則 5
[36A5]脳脊髄液の性質 6
[36A6]呼吸調節 7
[36A7]酸素解離曲線 8
[36A8]アニオンギャップ 9
[36A9]体液中のイオン濃度 10
[36A10]肝血流量 12
[36A11]脳脊髄液の産生と吸収 13
[36A12]低体温の影響 14
[36A13]腎臓の生理と薬理 15
[36A14]代謝 16
[36A15]マグネシウム,カルシウムと神経筋遮断作用 17
[36A16]アデノシン三燐酸 18
[36A17]局所麻酔薬の作用(※採点より除外) 19
[36A18]痛覚伝導路 19
[36A19]局所麻酔薬と活動電位 21
[36A20]アドレナリン作用性受容体 22
[36A21]冠循環 23
[36A22]術前投与薬(※採点より除外) 24
[36A23]不整脈:Torsade de pointes 24
[36A24]呼吸生理 26
[36A25]体位と神経麻痺 27
[36A26]ミダゾラムの薬物動態 28
[36A27]チオペンタール製剤の特徴,薬物動態 29
[36A28]チオペンタールの作用 30
[36A29]プロポフォール 31
[36A30]吸入麻酔薬の特性 32
[36A31]MACに影響する因子 33
[36A32]吸入麻酔薬の気管支拡張作用と肺血管拡張作用 34
[36A33]低酸素性肺血管収縮(HPV) 35
[36A34]肺の流量−気量曲線 37
[36A35]閉鎖神経 38
[36A36]脊椎麻酔,硬膜外麻酔 38
[36A37]硬膜外麻酔に関連した解剖学 40
[36A38]局所麻酔薬の心臓への作用,電気生理学 41
[36A39]硬膜外術後鎮痛 42
[36A40]胎児の循環 43
[36A41]新生児の気道,呼吸,筋弛緩薬 44
[36A42]高齢者の特徴 45
[36A43]高度肥満 46
[36A44]糖尿病患者 48
[36A45]頭蓋内圧,脳酸素量 49
[36A46]妊婦の呼吸生理 50
[36A47]脳波 50
[36A48]呼吸機能 52
[36A49]局所麻酔薬の安全量 53
[36A50]心肺蘇生 54

【B問題】

[36B1]麻酔に関係する解剖 56
[36B2]麻酔に関係する解剖 56
[36B3]感染予防 57
[36B4]二酸化炭素吸収剤 59
[36B5]体液・電解質 60
[36B6]酸塩基平衡:代謝性アルカローシス 60
[36B7]電解質:カリウム 61
[36B8]カプノグラム(※採点より除外) 62
[36B9]肺気量 63
[36B10]麻酔に関係する物理:Boyle−Charlesの法則 63
[36B11]神経筋接合部:アセチルコリン受容体 64
[36B12]自律神経系の機能:α1受容体 65
[36B13]冠循環 66
[36B14]鎮痛薬 68
[36B15]麻酔前投薬:アトロピン 69
[36B16]術前使用薬剤 70
[36B17]麻酔合併症:レーザー手術 71
[36B18]特殊麻酔:脳神経外科 71
[36B19]麻酔合併症:縦隔鏡 72
[36B20]輸血:放射線照射 73
[36B21]炭酸水素ナトリウムの副作用 74
[36B22]静脈麻酔薬 75
[36B23]ケタミンの適応 76
[36B24]プロポフォール 77
[36B25]ペインクリニックにおける薬物療法 78
[36B26]ナロキソン 78
[36B27]吸入麻酔薬の代謝 80
[36B28]吸入麻酔薬 81
[36B29]吸入麻酔薬 82
[36B30]特殊麻酔:脳神経外科 82
[36B31]オピオイドの硬膜外/くも膜下投与 84
[36B32]脊椎麻酔後頭痛 85
[36B33]麻酔合併症:甲状腺クリーゼ 86
[36B34]クロニジン 87
[36B35]外来麻酔 88
[36B36]心疾患患者の麻酔 89
[36B37]特殊麻酔:TUR 90
[36B38]特殊麻酔:腹腔鏡手術 91
[36B39]小児麻酔:新生児の生理 92
[36B40]小児麻酔:新生児・乳児の肺高血圧 93
[36B41]妊婦の生理(※採点より除外) 94
[36B42]高齢者麻酔(※採点より除外) 95
[36B43]術後管理:関心術後補助循環 95
[36B44]内臓神経ブロック 96
[36B45]ペインクリニック 97
[36B46]ペインクリニック:アロディニア 98
[36B47]癌性疼痛 99
[36B48]人工呼吸管理 100
[36B49]人工呼吸管理 100
[36B50]脳死判定基準 101

【C問題】

[36C1〜2]重症筋無力症 104
[36C3〜5]心電図異常 107
[36C6〜7]術後の昏睡・低血圧 111
[36C8〜9]肥満患者の意識低下 114
[36C10〜11]片肺換気中の低酸素血症 116
[36C12〜13]新生児仮死 119
[36C14〜15]睡眠障害 121
[36C16〜17]呼吸不全 124
[36C18〜19]術後心停止 126
[36C20〜21]昏睡患者 129
[36C22〜23]自己血輸血 132
[36C24〜25]体外循環 134
[36C26〜28]心筋梗塞の既往 137
[36C29〜31]妊婦の高血圧 141
[36C32〜34]術後のアシドーシス 144
[36C35〜37]気管支喘息患者の胃切除術 147
[36C38〜40]脳動脈癌クリッピング術 151
[36C41〜43]腹部大動脈瘤 155
[36C44〜45]肺癌による痛み(※45は採点より除外) 158
[36C46〜48]HIV患者(※46は採点より除外) 160
[36C49〜50]腕神経叢ブロック後の全身痙攣 162

その他のシリーズはこちら->

このページのtopに戻る