書籍検索








ホーム > 麻酔科学(ペインクリニック) >癌性疼痛治療のガイドライン

癌性疼痛治療のガイドライン

帝京大学医学部附属溝口病院
麻酔科 教授
大村昭人 監修

B5判・272頁・本体価格:5,000円・ 1998年
ISBN4-7719-0206-2

【書籍名】癌性疼痛治療のガイドライン
【品番コード】00206
購入数

要旨

米国政府機関AHCPR(the Agency for Health Care Policy and Research)によって作成された公式臨床ガイドラインを完全翻訳. 臨床の現実に即し,全米の癌治療に携わるエキスパートを集めたパネルの意見を満載.

目次

総論/1

1.概観/7

問題の概括 7
  癌性疼痛治療の重要性 8
  苦悩,コントロールの喪失,QOL 9
  痛みと痛みの治療法についての概観 11
  効果的な痛み治療における障害 14
  麻薬の法的規制 17
  痛みの治療費と費用の支払い 18
  このガイドラインを作成するのに用いた方法 19
  ガイドラインの構成 20

2.癌患者の痛みの評価/21

  痛みの初期評価 22
  継続的な痛みの評価 25
  よくみられる癌性疼痛症候群の評価 27
  骨転移 27
  硬膜外転移と脊髄圧迫 28
  頭蓋骨への転移 28
  神経叢障害 28
  末梢神経障害 30
  急性帯状疱疹痛および帯状疱疹後神経痛 32
  腹部痛 32
  粘膜炎 33
  新しい痛みの評価 34

3.薬物療法/35

  WHOラダー 36
  非ステロイド系抗炎症薬(Nonsteroidal Anti-lnflammatory Drugs;NSAlDs) 37
  麻薬 45
  耐性と身体的依存 46
  用量の滴定 49
  投与方法 50
  経口 50
  経直腸 50
  経皮 51
  経鼻 51
  経静脈または皮下 51
  脊髄内 52
  脳室内 53
  患者管理除痛法(Patient-Controlled Analgesia;PCA) 54
  副作用の治療 55
  便秘 55
  鎮静 55
  嘔気・嘔吐 57
  呼吸抑制 57
  その他の合併症 58
  補助薬 59
  副腎皮質ホルモン 59
  抗痙攣薬 59
  抗うつ薬 61
  神経安定薬 61
  ヒドロキシジン 62
  ビスフォスフォン酸とカルシトニン 62
  プラセボ 63
  抗腫瘍治療 63
  併発症の薬物治療への影響 63
  推奨できない薬物治療法 64
  薬に関する退院計画 64

4.非薬物療法―理学療法や心理学療法―/69

  はじめに 69
  理学療法 70
  皮膚刺激法 70
  運動 72
  逆刺激療法 73
  経皮的電気刺激(Transcutaneous Electrical Nee Stimulation;TENS) 73
  鍼療法 73
  心理社会的介入法 74
  リラクゼーション法とイメージ法 75
  意識拡散法(Distraction)と再構成法(Reframing) 75
  患者の教育 76
  心埋療法と構造的支持 78
  催眠術 78
  同病者支援グループ 78
  精神面のカウンセリング 80

5.非薬物療法―侵襲的治療法―/83

  はじめに 84
  放射線療法 84
  骨転移 85
  限局性の放射線療法による痛みの治療 86
  広範囲放射線照射療法 86
  放射性医薬品 86
  神経叢障害 87
  その他の治療適用 87
  密封小線源療法 88
  麻酔科的方法 88
  神経ブロック 88
  薬剤投与のためのカテーテル留置 91
  神経外科手術 92
  神経切断術 93
  末梢神経切断術 93
  脊髄後根切断術 93
  前側方コルドトミー(脊髄路切断術) 93
  脊髄交連切開術 94
  下垂体切除術 94
  脳脊髄幹麻薬注入法 94
  神経増強術 95
  外科手術 95
  原発性または転移性腫瘍による痛みに対する外科的治療法 96
  手術の結果としての痛み 97

6.成人および小児における処置に伴う痛み/99

  処置に伴う痛みの治療 100
  処置に伴う痛みに対する薬物療法 100
  処置に伴う痛みに対する鎮静 102
  腰椎穿刺および骨髄穿刺の鎮痛法 104

7.特殊な個体群における痛み/107

  新生児,小児,若者の痛み 108
  評価 109
  痛みを評価する方法 109
  自己申告 110
  行動の観察 111
  痛みの治療 111
  医学的介入法 112
  鎮痛薬と補助薬 112
  新生児や乳児の鎮痛薬 116
  硬膜外鎮痛法 117
  非薬物療法 117
  鎮痛法の適切さの評価 118
  高齢の患者 118
  精神疾患を伴った癌性疼痛患者 121
  癌性疼痛患者における抑うつ状態 121
  自殺と癌性疼痛 122
  不安 123
  譫妄状態と,それが痛みの治療に及ぼす影響 124
  薬物乱用者 124
  少数民族 128
  エイズ患者の痛み 128

8.痛み治療の質の監視/131

  文献 135
  略語集 171
  用語集 173
  貢献者 179
  付録A 207
  付録B 215
  付録C 229
 

索引

235
 

  1.QOLに対する癌性疼痛の影響 11
  2.癌性疼痛の治療に対する障害 16
  3.痛みの初期評価 23
  4.頭蓋骨への転移 29
  5.末梢神経損傷によってよく起こる癌性疼痛 31
  6.腹痛のよくみられる原因 33
  7.粘膜炎の評価 34
  8.各鎮痛療法の長所と短所 38
  9.アセトアミノフェンと非ステロイド系抗炎症薬の投与法に
 関するデータ
44
  10.麻薬耐性のない体重50kg以上の成人および小児における
 麻薬系鎮痛薬の鎮痛当量
47
  11.麻薬耐性のない体重50kg以下の成人および小児における
 麻薬系鎮痛薬の鎮痛当量
48
  12.脊髄内薬剤投与システム 54
  13.麻薬系鎮痛剤の使用に関する全般的なコメントと注意 56
  14.癌性疼痛に対する鎮痛補助薬 60
  15.癌性疼痛の治療に推奨できない薬物や投与経路 65
  16.患者教育プログラムの内容 77
  17.患者や家族に対する情報源 79
  18.地域の支援グループをみつける方法 80
  19.神経ブロック 89
  20.痛みを伴う処置の鎮痛に対する一般的な原則 101
  21.処置に伴う痛みの鎮痛に用いられる薬剤 103
  22.子供の鎮痛の適切さを評価するためのチェックリスト 119
  23.癌患者を抑うつ障害にする危険因子 123
  24.痛みのある癌患者における自殺の危険因子 123
 

  1.フローチャート:癌患者の継続的な痛みの治療 13
  2.WHO3段階鎮痛薬ラダー 14
  3.痛みの治療戦略:階層制度 15
  4.疼痛強度スケール 24
  5.痛みの治療計画 66

その他のシリーズはこちら->

このページのtopに戻る