書籍検索








ホーム > 麻酔科学(ペインクリニック) >心臓外科手術と経食道心エコー《麻酔科医と心臓外科医のBridgeとしてのTEEの役割》

心臓外科手術と経食道心エコー
《麻酔科医と心臓外科医のBridgeとしてのTEEの役割》

野村 実,
溝部俊樹,監修

B5判・128頁
定価5,985円(本体5,700+税5%)
2005年
ISBN4-7719-0292-5

【書籍名】心臓外科手術と経食道心エコー
【品番コード】00292
購入数

心臓手術の麻酔においては、経食道心エコー(TEE)は今や手術の診断にかかせないものとなっている。しかし、TEEは単に使用すればいいものではなく、適切な解釈と判断が伴わなければその使用価値は低くなる。麻酔科医と心臓外科医をつなぐTEEの役割を、それぞれの立場から述べた著。患者のさらなる予後向上のために。

目次

はじめに  田中義文

 

I.冠動脈

1.冠動脈バイパス術のupdate 夜久 均,土井 潔
  2.冠動脈再建術と経食道心エコー 清野雄介
  まとめ:冠動脈再建術(CABG) 野村 実

II.僧帽弁

1.僧帽弁形成術の基礎的手技 加瀬川均
  2.術中経食道エコーによる僧帽弁形成術の評価 大西佳彦
  3.僧帽弁形成術症例提示(3D解析) 向井詩保子
  まとめ:僧帽弁形成術 野村 実

III.Fontan手術

1.Fontan手術について 山岸正明
  2.Fontan手術とTEE 森野良蔵
  まとめ:小児手術 野村 実

IV.人工心肺

1.補助循環システムについて 黒光弘幸
  2.人工心肺とTEE 新見能成
  まとめ:人工心肺 野村 実

おわりに 溝部俊樹

 

その他のシリーズはこちら->

このページのtopに戻る