書籍検索








脊髄電気刺激療法

森本昌宏 編著

B5判・310頁
定価7,980円(本体7,600円+税5%)2008年
ISBN978-4-7719-0336-4

【書籍名】脊髄電気刺激療法
【品番コード】00336
購入数

 

脊髄電気刺激療法について学びたいと考えておられる方々のために。

手術手技の実際と注意点について述べ,現時点で適応と考えられる疾患を取り上げました。
また、関連領域での他の神経調節療法も紹介しています。

 

目次

機\埒馘典せ彪穃屠,領鮖砲噺従〔森本昌宏〕

供\埒饂彪稷僖蝓璽匹隼彪秡置の概要〔森本昌宏〕

  機\埒饂彪秡置製品の概要  9
   供\埒饂彪稷僖蝓璽鼻 9
   掘.好リーナ  12
   検.┘ステンション  15
   后〇彪秡置  15

掘ー蟒兌蟲擦亮尊

 1 puncture trial〔森山萬秀,柳本富士雄,村川和重〕  21
   機puncture trial手技  21
   供puncture trial:植え込み術への流れ  23
   掘puncture trialの効果判定  24
   検/△┨み術の施行時期  24
  2 経硬膜外腔からの電極の植え込み〔森本悦司〕  25
   機―猗器材  25
   供―兪綾猗  25
   掘_蕊胸椎・腰椎レベルでの電極の植え込みの実際  25
   検‐緝胸椎・頸椎レベルでの電極の植え込みの実際  30
  3 椎弓切除(limited laminotomy)による電極の植え込み 〔金 章夫〕  31
   機ー蟒囘応と使用器具  31
   供‥填砲覆匹亮茲螳靴ご靄椹項,麻酔,体位  31
   掘ー蟒兌蟲察 32
  4 刺激装置の植え込み〔森本悦司〕  39
   機―猗器材  39
   供―兪綾猗  39
   掘〇彪秡置の植え込みの実際  40
  5 刺激装置の抜去〔森本悦司〕  44
  6 患者への説明と同意書の取得〔打田智久〕  45
   機.ぅ鵐侫ームドコンセント  45
   供‥科での説明と同意書  45

検\埒馘典せ彪穃屠,砲ける刺激感覚脱失現象(escape現象)〔柴田政彦〕

  機escape現象の検討  51
   供‐鼻[磧 52
   掘々諭〇  55

后 ̄糞弯△┨み後の合併症〔前川紀雅〕

  機”者らの施設で経験した合併症  59
   供‖昌楡澆任旅臺讃鼻 60
   掘‖仆菲  61

此〇彪禪果の判定方法〔安部俊吾,長櫓 巧〕

  機ヽ銅鏝果判定法  65
   供仝果判定の実際  69

察\埒馘典せ彪秡置の操作方法(シナジーEZ患者用プログラマとエヌビジョン8840)〔白井 達〕

  機.轡淵検EZ患者用プログラマ  75
   供.┘魅咼献腑鵝8840)  78

次\埒馘典せ彪穃屠〇楾埣罎涼躇嫖澄命綱椽蔀法

  機‘常生活での患者指導  91
   供‖召亮N鼎よび検査を受ける際に留意すべき点  91
   掘|挌性に発生する異常  92

宗=崢房栖気紡个垢訐埒馘典せ彪穃屠

 1 奏効機序〔蔵 昌宏〕  97
   機SCSの脊髄への影響  97
   供SCSの奏効機序に関する諸説  99
  2 適応と考えられる疾患  108
  A 求心路遮断疼痛〔井関雅子〕  108
   機ゝ畤艦遮断疼痛の概要  108
   供ゝ畤艦遮断疼痛に該当する疾患  108
   掘\埒馘典せ彪穃屠 SCS)の適応が高い疾患の特徴と疼痛発生機序  109
   検―祥茲らの治療法  110
   后ゝ畤艦遮断疼痛に対するSCSの適応について  112
   此ゝ畤艦遮断疼痛に対するSCSの治療効果について  112
  B 帯状疱疹後神経痛発症予防のためのpuncture trial─temporary spinal cord stimulation─〔柳本富士雄,森山萬秀,村川和重〕  117
   機temporary spinal cord stimulation  117
   供‖咯疱疹に関連した痛み  118
   掘‖咯疱疹に関連した痛みとSCS  119
   検‖咯疱疹遷延痛に対するtemporary SCS  119
   后KEY POINT  122
  C 複合性局所疼痛症候群(CRPS)〔橋爪圭司〕  124
   機ー栖気粒砧  124
   供―祥茲亮N屠  126
   掘CRPSに対する脊髄電気刺激療法  127
  D failed back surgery syndrome〔山上裕章〕  132
   機ー栖気粒詰廖 132
   供^貳姪な治療  132
   掘FBSSに対するSCSの効果  134
  E 脊柱管狭窄症〔塩見由紀代〕  139
   機ー栖気粒詰廖 139
   供―祥茲らの治療法  139
   掘\埒馘典せ彪穃屠,療応についての考察  141
   検‐瀕稍鷦─ 143
  F 多発性硬化症〔小多田英貴〕  145
   機‖身性硬化症の痛み  145
   供‖身性硬化症に対するSCS  146
  G 癌性疼痛〔安部洋一郎,大瀬戸清茂〕  148
   機ヾ眄疼痛とは  148
   供ヾ眄疼痛の治療方針  149
   掘”者らの施設でのSCS有効症例  151
  H その他:painful legs and moving toes syndrome〔岡本慎司〕  154
   機”臓‖屐 154
   供^貳姪な治療  154
   掘\埒馘典せ彪穃屠  155
  H その他:亜急性脊髄視神経障害(SMON)〔宇野洋史〕  157
   機”臓‖屐 157
   供=崢砲紡个垢觴N邸 158
   掘SMONに対するSCS  158

勝〃亳海らの適応基準

 1 近畿大学医学部麻酔科学教室での経験からの適応基準〔前川紀雅,森本昌宏〕  163
   機‥応症例の選択  163
   供‥科での治療成績  164
   掘‖昌楡澆任療応基準  165
  2 兵庫医科大学病院ペインクリニック部での経験からの適応基準〔村川和重,森山萬秀,柳本富士雄〕  167
   機SCSが適応となる痛み  167
   供SCSの有効性の予測について  169
   掘ヾ擬堊択について  170
   検‥応疾患について  171
   后=崢房N鼎砲けるSCSの位置付け  172

XI 四肢の虚血に対する脊髄電気刺激療法〔宇野武司〕

  機(頂廟動脈硬化症  177
   供.譽ぅ痢蕊造泙燭魯譽ぅ痢湿標群  180
   掘.弌璽献磧蕊臓 181
   検‥燹―  181
   后SCSによる微小循環の改善機序  181

XII 狭心症に対する脊髄電気刺激療法〔高田正史,北條美能留,三好 宏〕

  機ゞ洪款匹醗貳姪治療  187
   供‘饉性狭心症  187
   掘ゞ洪款匹よび心筋虚血に対するneuromodulationの効果  188
   検ゞ洪款匹紡个垢SCSの作用メカニズム  189
   后ゞ洪款匹紡个垢SCS植え込み術  191

XIII 運動機能異常症に対する脊髄電気刺激療法〔内山卓也〕

  機=杤未紡个垢訐埒馘典せ彪穃屠  195
   供=枩斜頸に対する脊髄電気刺激療法  197
   掘.献好肇縫△紡个垢訐埒馘典せ彪穃屠  199

XIV 遷延性意識障害に対する脊髄電気刺激療法〔森田 功,尾内一如,神野哲夫〕

  機^媼云祿欧砲弔い董 203
   供\埒餮綺電気刺激(dorsal column stimulation : DCS)  203

XV 血圧コントロールシステムとしての脊髄電気刺激療法〔牛田享宏,山崎文靖,横山武志,佐藤隆幸〕

  機\埒饂彪磴砲茲觀谿鬼浜システムの実際  214
   供〃襦_漫 216
   掘々諭〇  216

XVI 関連領域での電気刺激療法

 1 末梢神経刺激(難治性疼痛)〔古瀬洋一〕  223
   機‥ 応  223
   供ー蟒冓法  223
   掘〃襦_漫 225
   検‐鼻[磧 225
   后)梢神経刺激療法の奏効機序  225
  2 末梢神経刺激(生体機能再建と生活支援技術)〔半田康延,関 和則,小倉隆英,村上 節,浪間孝重,中川晴夫,荒井陽一,高橋隆行〕  228
   機FESによる歩行制御と足漕ぎ車椅子  228
   供‥典づ神経調節による内臓機能改善  232
  3 大脳皮質運動野刺激〔齋藤洋一〕  238
   機‖臟照藜善親位酖典せ彪穃屠,領鮖法 238
   供ー蟒兌蟲察 238
   掘‖臟照藜善親位酖典せ彪穃屠,陵効性  240
   検.淵咼押璽轡腑鵐イド反復的経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)  240
   后‖臟照藜善親位郢彪穃屠,砲茲觸痛効果のメカニズム  241
   此”埒鎔娜親鮎票N鼎硫椎柔  241
  4 脳深部刺激〔山本隆充,片山容一〕  243
   機ー蟒冓法  243
   供”埒鎔娜親阿紡个垢DBS  245
   掘=崢房栖気紡个垢DBS  247
   検^媼云祿欧紡个垢DBS  248
  5 迷走神経刺激〔河村弘庸〕  250
   機〔汰神経刺激治療装置と装着法  250
   供,討鵑ん治療への応用  255
   掘‐児てんかん治療への応用  257
   検〔汰神経刺激の抗てんかん作用機序  258
   后,討鵑ん以外の疾患への治療応用  261
  6 横隔膜ペーシング〔光山哲滝,平 孝臣〕  265
   機_3嵋譽據璽轡鵐阿亮尊檗 265
   供‐鼻[磧 267
   掘々諭〇  268

XVII 脊髄電気刺激療法の今後の展望〔前川紀雅〕

その他のシリーズはこちら->

このページのtopに戻る