書籍検索








ホーム > 形成外科学 > あざの治療

あざの治療

共著
池田 重雄
水谷 ひろみ

定価13600円
ISBN4-7719-0024-8

【書籍名】あざの治療
【品番コード】00024
購入数

私があざの治療に興味を持つきっかけとなったのは,昭和29年,東京警察病院でインターン生活を1年間送り,その後,昭和32年から3年半にわたり,同病院皮膚科で大森清一先生の下で皮膚疾患の治療に従事するようになった時からのように思われる。そして,昭和37年に大森先生,故加島英雄先生と共著で,「形成外科治療の実際−皮膚の腫瘍・母斑−」を世に問うてから,すでに18年の歳月を経た。

その間,われわれが東大および埼玉医大皮膚科で経験したあざの症例数もかなりの数にのぼり,適当な時期をみて,これらを一冊の本として整理してみる必要性を感じ始めていた矢先,東大形成外科・福田修教授から,「あざの治療」執筆の依頼を受け,これがきっかけとなって出来上ったのが本書である。

本書の執筆に際し,以下の諸点に留意した。すなわち,1)臨床家が手にとってすぐにでも応用できるように,との意図を貫く。2)そのためには,母斑・母斑症に対するわれわれ独自の考え方および治療法を強く前景に押し出し,説明はなるだけ簡潔に,図表・写真はなるだけ多く載せ,直接眼で見てよく分かる実用的な本であるように努めた。また,臨床および組織写真はほとんど自験例で全項目を網羅するよう試みたが,それでも足りなかったものがあったので,それらは数名の友人のご好意により拝借させて頂き,本書をよりいっそう完全に近い形にするよう努めた。3)up to dateな診断学,治療法をできるだけ多く盛り込み,最近の臨床医学の進歩と歩調を合わせるべく努めた,などである。
なお,本書では母斑および母斑症からかなりの頻度で続発する皮膚癌,悪性腫瘍などに対するもっとも新しいUICCのTNM分類(1978)を参考までに記載した。また,母斑とは直接関係はないが,日常診療上しばしば経験する乳癌,子宮癌などの術後照射による放射線潰瘍の外科的治療法についても記載した。

共著者水谷君は,私が東大在職中,皮膚科外科外来で私と一緒に,長い間,熱心に仕事をしてくれた良き仲間の1人であり,現在でも代々木病院皮膚科部長として,この方面の治療にエネルギッシュに活躍している。

本書が,臨床家にとって母斑および母斑症の診断と治療に際しての良い手引きとなり,さらにより完成された診断学および治療法確立への橋渡しの役を果たすことができれば,われわれの目的は達せられたものと思う。

また出版にあたっては,克誠堂出版の方々,特に林靖英氏にはなみなみならぬご面倒をおかけした。氏のたゆまに御助心に心から御礼申し上げる。

昭和56年1月15日
池田 重雄

目次

カラー付図(1),(2),(3),(4)

総論

I.あざとは

II.あざの種類

III.あざの発生病理および生活史

1.表皮母斑,epidermal nevus,naevus verrucosus,naevus papillaris
2.類器官母斑,organoid nevus,naevus sebaceus
3.母斑細胞母斑,nevocytic nevus
4.太田母斑および伊藤母斑(褐青色母斑)

a.太田母斑,N.fuscocaeruleus opthalamomaxillaris Ota,oculomucocutaneous melanosis,Fitzpatrick et al.
b.伊藤母斑,N.fuscocaeruleus acromiodeltoideus Ito
5.青色母斑,blue nevus,naevus caeruleus

6.扁平母斑,naevus spilus
7.脱色素性母斑,naevus depigmentosus
8.血管腫,anginoma
a.苺状血管腫,strawberry mark
b.Kasabach-Merritt症候群,Kasabach-Merritt syndrome

〔付1〕悪性黒色腫の前癌症,とくに黒色癌前駆症について

a.悪性黒子,lentigo maligna(1954),Hutchinson's melanotic freckle(1894) b.Premalignant melanosis(McGovern),superficial spreading melanoma in situ(Clark)

〔付2〕全身性白皮症(白子)における黒子および悪性黒色腫

〔付3〕皮膚癌および悪性黒色腫のTNM分類

IV.母斑症

A.全身性母斑症

1.Bourneville-Pringle母斑症,Bourneville-Pringle's phacomatosis
2.v.Recklinghausen母斑症,v.Recklinghausen's phacomatosis
3.血管腫症,angiomatosis

a.播種状血管腫症,disseminated hemangiomatosis
b.Osler病,Osler's diseas
c.青色ゴムまり様母斑症候群,blue rubber-bleb nevus syndrome,Bean's syndrome
d.Maffucci症候群,Maffucci's syndrome e.Ataxia teleangiectasia,Louis-Bar disease

4.神経皮膚黒色症,melanoses neurocutanees Touaine,Melanophakomatose Musgar
5.Peutz-Jeghers症候群,Peutz-Jeghers syndrome
6.色素血管母斑症,phacomatosis pigmentovascularis
7.基底細胞母斑症候群,basal cell nevus syndrome

B.局所性母斑症

1.Sturge-Weber症候群,encephalo-trigeminal angiomatosis
2.Klippel-Weber症候群,Klippel-Weber syndrome

V.母斑,母斑症の治療

1.外科療法,surgical treatment,scalpel surgery

a.術前の準備
b.麻酔事故を避けるために
c.外科療法の原則
d.縫縮術,excision and suture
e.植皮術,skin graft

2.凍結療法,cryotherapy,cryosurgery

a.雪状炭酸療法,cryotherapy by carbon dioxide snow
b.液体窒素による凍結療法,cryotherapy by liquid nitrogen
c.凍結局所における皮膚の経時的・組織学的変化
d.凍結局所における皮膚の電子顕微鏡的変化

3.削皮術,skin abrasion,dermal planning

4.放射線療法,radiotherapy

a.軟レ線療法,soft X-ray therapy
b.電子線療法,electron beam therapy
c.速中性子線療法,fast neutron therapy

5.レーザー光線療法,laser therapy

6.電気外科,electrosurgery

各論

1.表皮母斑,epidermal nevus(1)
2.表皮母斑,epidermal nevus(2)治療
3.表皮母斑,epidermal nevus(3)特殊型:ichthyosis hystrix
4.表皮母斑,epidermal nevus(4)合併症:epidermal nevus syndromeなど
5.類器官母斑,organoid nevus(1)
6.類器官母斑(2)life history
7.類器官母斑(3)secondary complication
8.面皰母斑,nevus comedonicus
9.副乳線,supernumerary breast,accessory breast
10.異所性乳癌,carcinoma of supernumerary breast
11.母斑細胞母斑,nevocellular nevus(1)
12.母斑細胞母斑(2)life historyと特殊型
13.母斑細胞母斑(3)特殊型の続き
14.母斑細胞母斑(4)治療【1】
15.母斑細胞母斑(5)治療【2】
16.母斑細胞母斑(6)治療【3】
17.母斑細胞母斑(7)治療【4】
18.母斑細胞母斑(8)黒色小腫瘍の鑑別診断
19.母斑細胞母斑と悪性黒色腫
20.悪性黒色腫,malignant melanoma
21.Dermal melanocytosis(1)太田母斑
22.Dermal melanocytosis(2)伊藤母斑,(3)蒙古斑
23.青色母斑,blue nevus,dermal melanocytoma(1)
24.青色母斑,blue nevus(2)
25.扁平母斑,nevus spilus
26.表在性真皮脂肪母斑,nevus lipomatosis cutaneous superficialis(Hoffmann- Zurhelle)
27.立毛筋母斑,nevus leiomyomatosus
28.副耳珠,accesory tragi
29.単純性血管腫,portwine stain,nevus flameus(1)
30.単純性血管腫(2)治療
31.単純性血管腫(3)phacomatosis【1】
32.単純性血管腫(4)phacomatosis【2】
33.苺状血管腫,strawberry mark(1)
34.苺状血管腫(2)自然経過と治療の適応
35.苺状血管腫(3)治療
36.苺状血管腫(4)形成外科的治療と異常経過
37.Kasabach-Merritt症候群(1)
38.Kasabach-Merritt症候群(2)
39.血管芽細胞腫(中川),angioblastoma
40.いわゆるボトリオミコーゼ,so called botryomycosis
41.海綿状血管腫,cavernous hemangioma(Lever)
42.静脈性蔓状血管腫,venous racemous hemangioma,venoses Rankenangiom
43.動脈性蔓状血管腫,arterial racemous hemangioma(1)
44.動脈性蔓状血管腫(2)治療方針と留意点
45.被角血管腫,angiokeratoma
46.その他の小血管腫
47.リンパ管腫,lymphangioma(1)
48.リンパ管腫(2)
49.Bourneville-Pringle母斑症(1)
50.Bourneville-Pringle母斑症(2)
51.Recklinghausen母斑症(1)
52.Recklinghausen母斑症(2)
53.放射線皮膚障害後胎症(1)
54.放射線皮膚障害後胎症(2)自験例のまとめ
55.放射線皮膚障害後胎症(3)子宮癌,乳癌などの深部照射後の潰瘍
56.放射線皮膚障害後胎症(4)子宮癌治療後の潰瘍
57.放射線皮膚障害後胎症(5)乳癌治療後の放射線潰瘍

参考文献

索引

その他のシリーズはこちら->

このページのtopに戻る