書籍検索








ホーム > 形成外科学 > 手の皮弁手術の実際

手の皮弁手術の実際

東京慈恵会医科大学教授
児島忠雄 著

B5判・242頁・本体価格:14,000円・1997年
ISBN4-7719-0183-X

申し訳ございません。この商品は書籍としての販売は終了しましたが、M2PLUS(ジェイマックシステム)のeBookStoreで電子書籍として販売しております。
  → eBookStoreとは
  → ご購入はこちら

 

要旨

マイクロサージャリーの発展,それに伴う手の血行動態の 解明とともに飛躍的に進歩し,多くの手術法が報告されるようになった.本書では手の外科,その皮弁手術の実際についてできるだけ詳細に,わかりやすく記載 した.ドイツ語,フランス語をはじめ,多数の外国文献を引用し,原著に忠実に説明している.本邦における手の皮弁の集大成である話題の書.

目次

総  論

I.手の皮弁の歴史 3

   A.遠隔皮弁/3  B.局所皮弁,区域皮弁/4  C.島状皮弁/4

II.手の皮弁の分類 7

   A.皮弁採取部と移植部の関係による分類/7    B.茎の状態による島状皮弁の分類/9    C.知覚の有無による分類/9

III.手の皮弁応用の原則,適応と選択 10

   A.一期的再建方法の考慮/11  B.知覚の再建の考慮/11

各  論

I.有茎皮弁(島状皮弁を除く) 15

A.局所皮弁 15

1.手 背 15

a.回転皮弁と横転皮弁 15    
b.Limberg皮弁 18    
c.Slide-swing plasty 19    
d.Rhomboid-to-W皮弁 22

2.手 掌 23
3.指 24

a.Z形成術 24    
b.回転皮弁 29    
c.横転皮弁 31    
d.背側VY前進皮弁 32    
e.指背側からの掌側への横転皮弁 34    
f.Slide-swing plasty 35   
g.Lueders皮弁 36    
h.後爪郭形成のための皮弁 38    
i.側爪郭形成のための皮弁 41    
j.Flag flap(homodigital) 44    
k.指側面皮弁(Digito-lateral flap) 48    
l.指背側・側面皮弁 51    
m.面頬皮弁 53    
n.Thumb-stall法(Cocked-hat法) 55    
o.Hueston皮弁 57

4.指 間 60

a.Z形成術 60    
b.4皮弁Z形成術 60    
c.5皮弁Z形成術 63    
d.Interdigital butterfly flap 65    
e.Mustrade´法 66    
f.背側矩形皮弁 67    
g.正方弁法(Square flap法) 70    
h.Seagull flap法 71    
i.VM-plasty 73    
j.示指橈背側皮弁(Spinner皮弁) 74    
k.母指背側皮弁(Dorsal thumb flap) 77    
l.手背皮弁(Dorsal sliding skin flap) 79    
m.指背側皮弁(Digito-lateral flap)のヴァリエーション 81

1.“Rabbit ears”flap 81
2.Dorsal flap with double-opposing lateral digital extensions 83

B.区域皮弁 87   
1.指交叉皮弁(Cross finger flap) 87

1)概要と歴史 87    
a.指交叉知覚皮弁 89    
b.指交叉皮下組織茎皮弁 90    
c.血管柄付き指交叉島状皮弁 91    
2)手術の実際 92

3)適 応 94

2.手掌皮弁(Palmar flap) 96

1)概要と歴史 96    
2)手術の実際 98    
3)適 応 99

II.島状皮弁 102

 A.皮下組織茎島状皮弁 102   

a.掌側VY前進皮弁 102   
b.側面VY前進皮弁 104   
c.指体部における皮下組織茎VY前進島状皮弁 107   
d.小指球部VY前進島状皮弁 108   
e.皮下組織茎第1指間島状皮弁 112

 B.神経血管柄島状前進皮弁 114   

a.神経血管柄VY前進皮弁 114   
b.神経血管柄島状矩形皮弁 121   
c.神経血管柄指背・側面皮弁 124

 C.神経血管柄島状掌側前進皮弁 128   

1)概要と歴史 128   
2)臨床解剖 129   
3)手術の実際 131   
4)適 応 138

D.神経血管柄島状皮弁 142

a.Littler法 142   
b.神経血管柄示指背側島状皮弁 146

E.血管柄島状皮弁 150
1.順行性動脈柄島状皮弁 150

a.指動脈島状皮弁 150    
b.指中節背側島状皮弁 153    
c.示指基節背側島状皮弁 155    
d.背側中手動脈島状皮弁 157

2.逆行性動脈柄島状皮弁 163

a.逆行性指動脈島状皮弁 163    
b.逆行性血管柄手掌島状皮弁 169    
c.逆行性血管柄母指球島状皮弁 171    
d.逆行性血管柄小指球島状皮弁 172    
e.逆行性血管柄背側中手島状皮弁 176    
f.逆行性血管柄指間背側島状皮弁 178    
g.逆行性血管柄指背島状皮弁 181

3.静脈柄島状皮弁 185

1)概要と歴史 185    
2)臨床解剖 186    
3)手術の実際 187    
4)適 応 187

F.神経柄島状皮弁 189

1)概要と歴史 189    
2)臨床解剖 189   
3)手術の実際 190    
4)適 応 191

III.脂肪・筋膜弁,皮下組織弁 192

   

1)概要と歴史 192    
2)臨床解剖 193    
3)分 類 194    
4)手・指の脂肪筋膜弁 195

a.脂肪筋膜反転弁(手・指) 195
b.同一指皮下組織弁 197
c.血管柄脂肪筋膜島状弁 200

文  献 203

索  引 225

その他のシリーズはこちら->

このページのtopに戻る