書籍検索








ホーム > 形成外科学 > 形成外科手術手技シリーズ《改訂版》顔面骨骨折の治療 全面改訂第2版

形成外科手術手技シリーズ《改訂版》顔面骨骨折の治療 全面改訂第2版

大阪医科大学 教授
田嶋定夫 著

B5判・320頁・本体価格21,000円・1999年
ISBN4-7719-0215-1

【書籍名】顔面骨骨折の治療 改訂第2版
【品番コード】00215
購入数

要旨

近年顔面骨骨折の治療は格段と進歩し,多くの施設でごく日常的な手術として定着してきた。進歩の大きな原動力は多岐にわたるが,おもなものはCTを始め とする画像診断の進歩,マイクロプレート・ミニプレートの開発と普及,手術器具の進歩,主として先天異常に対するcraniofacial surgeryの手技の確立と顔面骨骨折に対するその応用,などが挙げられる。

特に画像診断の進歩は計り知れない大きな力となっている。CT,3D-CT,3D実体模型は一連の進歩の軌跡であるが,診断だけでなく,各部の面積,体 積の計測が可能となったことと相まって骨折病態の解明にも役立ち,治療にも大きな力となっている。マイクロプレートの普及は,ひとえに強固な固定手技だけ にとどまらず,一部の骨折の治療概念の変革を迫るものでもある。

Craniofacial surgeryの基本手技では,先天異常の治療と骨折治療の両者の知見がキャッチボールのように往き来する進歩の過程となった。本版ではこれらの知見を余 すところなく網羅できたものと自負している。一つの治療法の良否は長いフォローアップの末に決められるべきものであるが,内外の多くの文献を見ても決して 十分に長いフォローとは言えない結果に基づいた論述が少なくない。残念ながら初版も必ずしもこの例外ではなかったと反省している。この点に関して本版の記 述全般はできる限り長いフォローを重視したつもりである。(第2版序より抜粋)

目次
 

改訂第2版序

 

第1版序

総 論/1

A.顔面骨の解剖と機能 1
  B.顔面骨の発育と骨構造 5
  C.顔面骨骨折の力学的研究 11
  D.顔面骨骨折の統計 12
  E.顔面外傷と救急処置 12
  F.合併損傷の検索 14
  G.顔面骨骨折の診査 15
  H.画像診断 18
  I.骨折の診断 27
  J.治療方針の決定―手術の適応と時期の決定― 28
  K.麻酔の問題について 28
  L.基本手技について 29
  M.術後の経過と処置 47

I.眼窩の骨折の概説―fracture of the orbit―/55

  A.眼窩の解剖 55
  B.眼窩の骨折の分類 55
  C.眼窩骨折の症状 56
  D.眼窩骨折と眼球の向き異常・運動制限,複視 57
  E.眼窩骨折と眼球陥没 61

II.眼窩内骨折―blowout fracture―/67

  A.眼窩下壁,内側壁の解剖 68
  B.眼窩内骨折の発生機序,歴史,実験的研究 68
  C.眼窩内骨折の頻度,部位,分類 70
  D.年齢構成 73
  E.Blowout fractureの受傷原因 73
  F.眼球合併損傷 73
  G.Blowout fractureの臨床症状 75
  H.画像所見 85
  I.診断 86
  J.手術の適応 87
  K.手術時期 88
  L.複視の回復と手術成績 89
  M.眼球陥没の治療成績 91
  N.手術 92
  O.内視鏡下手術 107
  P.術後のケア 108
  Q.術後の経過 108

III.頬骨骨折―malar bone fracture―/110

  A.骨折の部位と骨折外力 110
  B.分類 111
  C.合併損傷 112
  D.症状,所見 113
  E.画像所見 118
  F.診断 120
  G.手術適応の決定 120
  H.新鮮例の手術1―単純な骨折― 120
  I.新鮮例の手術2―粉砕骨折― 124
  J.新鮮例の手術3―blowout fracture(impure type)― 124
  K.新鮮例の手術4―内視鏡下手術― 128
  L.陳旧例の手術1―単純な骨折― 128
  M.陳旧例の手術2―blowout fracture(impure type)― 132

IV.頬骨弓単独骨折―zygomatic arch fracture―/140

  A.骨折の様相と症状,所見 140
  B.X線所見 140
  C.手術 140

V.鼻骨骨折―nasal bone fracture―/143

  A.骨折の様態 143
  B.鼻中隔骨折について 143
  C.診断 144
  D.整復 145
  E.固定 145
  F.亜陳旧例の治療 146
  G.陳旧例の治療 147

VI.鼻骨-篩骨合併骨折―naso-orbital fracture―/152

  A.解剖 152
  B.骨折の様態と合併症 152
  C.分類 153
  D.症状,所見 154
  E.新鮮例の治療 155
  F.陳旧例の治療 165

VII.下顎骨骨折―mandibular fracture―/175

  A.骨折の機序 175
  B.オトガイ部〜下顎枝の骨折 175
  C.関節突起部骨折 181

VIII.Le Fort型上顎骨折―Le Fort type fracture―/197

  A.骨折の分類 197
  B.骨折の様相と外カ 197
  C.合併損傷 198
  D.症状,所見 198
  E.画像所見 201
  F.診断 201
  G.新鮮骨折の治療 202
  H.小児の骨折の治療 213
  I.陳旧性骨折の治療 213

IX.前頭骨-前頭蓋底骨折―fronto-basal fracture―/233

  A.限局型骨折 233
  B.前頭洞,篩骨洞のmuco/pyocele 245
  C.広汎型骨折 246

X.広汎な外傷―extensive facial injury―/257

文 献/269

索 引/303

その他のシリーズはこちら->

このページのtopに戻る