書籍検索








ホーム > 形成外科学 >足の創傷をいかに治すか

足の創傷をいかに治すか  
  ―糖尿病フットケア・Limb Salvageへのチーム医療―

市岡 滋
寺師浩人 編著

B5判・270頁
定価17,850円(本体17,000円+税5%)2009年
ISBN978-4-7719-0348-7

【書籍名】足の創傷をいかに治すか
【品番コード】00348
購入数

急増が予測される糖尿病性足病変をどう診るか?
チーム医療体制をいかに作るか?
第一線で活躍する執筆陣を迎えて制作しました。

「予防」ではなく「治療」を主眼とした、外科的臨床分野はじめての書!

すべては救肢のために!!

Wound Healing Societyによる治療・予防ガイドライン(2006、2008)の翻訳付き。

 

目次

第1章 総 論

1.下肢潰瘍の総論・実態(寺師浩人)2
2.足の治療に必要な正常解剖と機能(寺師浩人)5
3.下肢潰瘍の診察・検査(市岡 滋)12

第2章 虚肢の診断・治療

1.PADの診断(バスキュラーラボ)、TASC IIおよびCLIと密接する実践的検査法
    (杉本郁夫・太田 敬)18
2.PADの診断(画像診断):デュプレックス超音波検査、MRA, CTA, 血管造影
    (杉本郁夫・太田 敬)22
3.重症下肢虚血(CLI)に対するカテーテル治療(腸骨動脈/大腿動脈/膝下動脈)
    (飯田 修・南都伸介)28
4.末梢血管バイパス手術(稲葉雅史)40
5.重傷下肢虚血(CLI)に対する血管新生療法(宮本正章・高木 元)48
【コラム】整形外科には、多くの虚血肢が潜んでいる(鳥畠康充)54

第3章 糖尿病性足病変

1.糖尿病性足病変の病態(寺師浩人)58
2.感染、骨髄炎を伴う潰瘍(寺師浩人)72
3.臨床所見から考える診断と治療
〈症例1〉:神経原性潰瘍:再建手術が可能であったCase 1(市岡 滋)84
〈症例2〉:神経原性潰瘍:再建手術が可能であったCase 2(寺師浩人・辻 依子)86
〈症例3〉:混合性虚血性潰瘍:救肢が可能であったCase(寺師浩人・北野育郎)89
〈症例4〉:混合性虚血性潰瘍:救肢できなかったCase(長谷川宏美・市岡 滋)93
〈症例5〉:Unsalvageable Case 1(寺師浩人・北野育郎)96
〈症例6〉:Unsalvageable Case 2(横川秀樹)99

第4章 その他の下肢潰瘍

1.静脈うっ滞性潰瘍(市岡 滋)102
2.膠原病に伴う皮膚潰瘍(松崎恭一・熊谷憲夫)106
3.二分脊椎症による下肢潰瘍(寺師浩人)117
4.Blue toe syndrome(辻 依子)121

第5章 下肢の創傷に対する治療

1.Wound bed preparation(市岡 滋)126
2.デブリードマン(市岡 滋)130
3.感染に対する治療(市岡 滋)135
【コラム】「消毒」について(市岡 滋)142
4.足の部分切断(寺師浩人)143
5.マゴット治療の実際(高木 元・宮本正章・水野杏一)156
【コラム】医療用無菌ウジの購入(高木 元)160
6.外用剤と創傷被覆材の使い方、陰圧閉鎖療法(館 正弘)161
7.高気圧酸素療法:Hyperbaric Oxygen Therapy(HBOT)(大浦紀彦・柳下和慶)167
8.糖尿病性壊疽の再建手術(梶 彰吾)173

第6章 下肢の大切断

1.適応と手術法(横川秀樹)184
2.義肢、リハビリテーション(陳 隆明)190

第7章 人工透析と下肢潰瘍

1.本邦における人工透析医療の現状と未来(小林修三)200
2.透析患者の周術期輸液管理(大竹剛靖・小林修三)205
3.LDLアフェレーシス(小林修三)210

第8章 潰瘍治療・予防のためのフットウェア(大平吉夫)215

第9章 下肢潰瘍治療・チーム医療のupdate

1.総 論:本邦における創傷治療センターの役目(北野育郎)226
2.末梢血行再建と創傷治療の連携─虚血性潰瘍に対する循環器内科と形成外科によるチームアプローチの実際─(小浦場祥夫)231
3.創傷ケアセンター方式における院内連携(澁谷博美)243
4.地域における病院連携(松崎恭一・宮本 明)247
5.フットセンター外来の実際─京都医療センターにおける糖尿病足病変診療の実際─(泉 有紀)253
【コラム】対談:創傷外科医のめざす足の創傷治療、未来予想図(市岡 滋・寺師浩人)256

巻 末 Wound Healing Society 発行 ガイドライン 全訳

静脈性潰瘍治療のガイドライン Guidelines for the treatment of venous ulcers(佐野仁美)2
糖尿病性潰瘍治療のガイドライン Guidelines for the treatment of diabetic ulcers(寺師浩人)18
動脈不全潰瘍治療のガイドライン Guidelines for the treatment of arterial insufficiency ulcers(簗由一郎)32
静脈性潰瘍予防のガイドライン Guidelines for the prevention of venous ulcers(佐野仁美)52
糖尿病性潰瘍予防のガイドライン Guidelines for the prevention of diabetic ulcers(寺師浩人)56
下肢動脈性潰瘍予防のガイドライン Guidelines for the prevention of lower extremity arterial ulcers(簗由一郎)62

 
その他のシリーズはこちら->

このページのtopに戻る