書籍検索








ホーム > 形成外科学 >V.A.C.ATS(R)治療システム実践マニュアル

局所陰圧閉鎖療法
V.A.C.ATS(R)治療システム実践マニュアル

波利井清紀 監修

市岡 滋
大浦紀彦 編著

DVD付
B5判・120頁
定価6,300円(本体6,000円+税5%)2011年
ISBN978-4-7719-0377-7

【書籍名】V.A.C.ATS(R)治療システム実践マニュアル
【品番コード】00377
購入数

創傷治癒を促進させる物理療法の一つ、局所陰圧閉鎖療法の専用機器“V.A.C.ATS(R)治療システム”を安全かつ有効に使用するための実践的マニュアル。

付録DVDで実際の装着を解説しています。

 

目次

局所陰圧閉鎖療法の基礎知識

創傷の定義(館正弘、古和田雪)
局所陰圧閉鎖療法とは(大浦紀彦)

第1章 V.A.C.ATS(R)治療システム操作マニュアル

V.A.C.ATS(R)治療システムについて(島田賢一)
装着方法の実際(桑原靖、市岡滋)
  1. 平坦な形の創面に対して
  2. 複雑な形の創面に対して
  3. 特殊な形の創面に対して
  4. 装着時の注意点

第2章 V.A.C.ATS(R)治療システム いろいろな創傷への応用

亀淦、亜急性創傷
  1. 新鮮外傷創、熱傷潰瘍(稲川喜一、篠山美香)
  2. 四肢開放創(島田賢一、川上重彦)
  3. 植皮術との併用療法(石川昌一、市岡滋)
極性創傷
  1. 褥瘡(大浦紀彦)
  2. 下肢潰瘍(佐藤智也、市岡滋)
  静脈うっ滞性潰瘍/虚血性潰瘍・壊疽/糖尿病性潰瘍
憩端譴柄禄
  1. 外科離開創・開放創(天方將人、平林慎一)
  2. 胸部難治性潰瘍(小川令、Lauren R.Bayer、Dennis P.Orgill)

第3章 合併症と対策

1. V.A.C.ATS(R)治療システム使用時の合併症と対策(本多孝之、小林誠一郎)
2. 感染創に対する陰圧閉鎖療法の工夫(清川兼輔、盒仰更亜
  ─われわれが開発した創内持続陰圧洗浄療法を中心に─

巻末資料

資料1 陰圧閉鎖療法の創傷に及ぼす効果:メカニズム解明のための基礎的研究(井砂司)
  (雑誌「形成外科」Vol53 No3より転載)
資料2 V.A.C.ATS(R)治療システムの臨床治験成績(波利井清紀、大浦武彦)
  (雑誌「形成外科」Vol53 No6より転載)
資料3 V.A.C.ATS(R)治療システムの健康保険給付(島田賢一)
資料4 V.A.C.ATS(R)治療システムに寄せられたQ&A(大浦紀彦)

付 録

V.A.C.ATS(R)治療システム装着の実技
    (杏林大学医学部形成外科学教室 木下幹雄、大浦紀彦、波利井清紀)
  Chaper 1:イントロダクション・機器の構造
  Chaper 2:V.A.C.ATS(R)治療システム装着法
  Chaper 3:平坦な形の創面への装着 胸骨骨髄炎(骨露出を伴う症例)
  Chaper 4:複雑な形の創面への装着 ‖部糖尿病性潰瘍
  Chaper 5:複雑な形の創面への装着 ∩安部糖尿病性潰瘍
  Chaper 6:役立つテクニック    ―圧のためのブリッジング法
  Chaper 7:役立つテクニック    ∩呂鬚弔覆哀屮螢奪献鵐伊

その他のシリーズはこちら->

このページのtopに戻る