書籍検索








ホーム >Computer・医学エッセイ >Macによるスライド作成ガイドブック―バージョンアップ版―

Macによるスライド作成ガイドブック―バージョンアップ版―

土井一輝ほか編著

B5判・148頁・本体価格:3,593円・1996年
ISBN4-7719-0177-5

【書籍名】Macによるスライド作成ガイドブック バージョンアップ版
【品番コード】00177
購入数

改訂第2版・序

3年前の平成5年2月に本書を上梓した時には,改訂版を出版するとは夢にも考えていませんでした。本書の第1版は皆様方の暖かいご支援のお陰で平成5年度の医学書関係のベストセラーに加えていただくことができました。

第1版の出版は時期も良く,パソコンスライドの普及の奔りとなったようであります。学会などでお会いする方々から驚嘆の声とともに暖かい励ましのお言葉 をいただきました。また,パソコンに詳しい友人からは,内容についてのアドバイスを受けたりもしました。発売当初より好評を博し何度か増刷をしてきました が,Macも関連ソフトも次々とバージョンアップしていくため,第1版の内容はすでに古くなっており,思い切って改訂を行うことにしました。

今回は新進気鋭の花岡先生に執筆に加わっていただきました。彼は整形外科医ではありますが,学生時代からパソコン小僧とも言うべきパソコンマニアで,小 生もいろいろと指導,助言を受けました。パソコン操作のノウハウの章はすべて彼の執筆によるものです。本書は初心者向けのパソコンスライド作成入門書とし て書かれていますので,本書をもって初めてパソコンに向かってもパソコンスライドが作成できるように配慮してあります。また,今回はまったくの初心者用に CD-ROMも付録として付けましたのでご利用ください。

平成8年5月
著者代表 土井一輝
目次

第1章 パソコンスライドとは

1.パソコンスライドの特徴

2.なぜMacなのか

第2章 Macによるスライド作成

1.必要機器

■本体について
■スライド出力について
■透過・反射原稿入力
■スライド入力
■データバックアップ

2.主なソフトウェア

■グラフィックソフト
■プレゼンテーションソフト
■その他の関連ソフト
ワンポイントアドバイス
基本的なスライド作成システムの一例

第3章 スライド作成の基本原則

1.スライド作成計画

■効果的なスライドによる発表方法
■文字スライド,図表スライドの選択
■組みスライドの効果的な使用方法
■併写スライドの効果的な使用方法
■英語スライドか日本語スライドか
■スライドの形式,種類の統一
■カラースライドの効果的な使用方法

2.スライド作成の基本原則

■スライド枚数,スライド映写時間
■文字・図表の配列
■文字数,行数,文字の大きさ,字体
■図・表の作成上の注意点
■悪いスライド
■スライド作成上のその他の留章事項

3.パソコンスライド作成の基本原則

■カラースライド作成上の基本原則
●配色に必要な基礎知識
●色数の選択
●色の与えるイメージ
●色を決める順序
●バックグラウンドカラーの決め方
●コントラスト
●無彩色の使用
●カラースライドに使用する色,すべきでない色
●オートテンプレートの使用
●スライド光源

■バックグラウンドの決め方
■文字色の選択
■図の配色の基本
■数表の配色の基本
■グラフの配色の基本
ワンポイントアドバイス
原稿を読むスピード

第4章 初心者のためのMac操作法入門

■Macの基本画面
■マウスの操作方法
●クリック
●ダブルクリック
●ドラッグ,ドロップ

■Macintosh HDについて
●実行ファイル類
●データファイル類

■Macでのソフトの使い方
■日本語入力をするには
ワンポイントアドバイス
キーボードで操作しよう

第5章 パソコンスライド作成の実際

1.スライド作成前の準備と設定(オートテンプレートファイル作成)

■Persuasionの起動
■ドライバの変更
■ぺージ設定
■画面設定
■バックグラウンド設定
■オートテンプレートの保存

2.文字スライドの作成

■Persuasionの起動
■画面の説明
■Persuasionの基本操作
●モードの移動
●新規スライドの作成
●スライド間の移動

■文字書き込みの実際
●書式設定
●文字の打ち込み
●文字の移動
●文字の修正
●行そろえ,行間の調整

■線の引き方の実際
●線種の決定
●線の書き込み
●線の移動,長さの変更

■図形の入れ方
●塗りの決定
●図形書き込み
●図形を背面に

■文字スライドの作成例
■アウトラインモードの利用方法
●プレースホルダの利用

■ノートモードの利用方法

3.グラフスライドの作成方法

■Aldus Chartを用いたグラフスライド

4.画像スライドの作成方法

■概説
■原稿の準備
■スキャナのソフトについて
■プラグインによる画像取り込みの実際
●取り込み範囲
●スキャンモード
●ブライトネス
●解像度

■Photoshopによる画像調整
●トリミング
●明るさ・コントラストの調整
●シャープ
●画像の保存

■画像ファイルのスライド上への配置
■画像スライドの完成

5.シェーマ入りスライドの作成方法

■下絵の作成
■下絵の取り込み
■Photoshopツール類の使用方法
●拡大縮小ツール
●鉛筆ツール
●消しゴムツール
●自動選択ツール
●塗りつぶしツール

■Photoshopによるシェーマ作成
●トリミング
●画像の2階調化
●線画の修正
●画像モードの変更
●色入れ
●保存

■スライドヘの貼り付け

6.ビデオからの静止画像の取り込み

ワンポイントアドバイス
Persuasion操作のTIPS

第6章 パソコンスライドの撮影方法

■概説
■撮影の実際 (1)キューファイルヘの出力
●デフォルト
●オートキューに出力する
●好きな名前をつけたキューファイルに出力する

■撮影の実際(2)イメージと撮影順の確認
■撮影の実際(3)フィルムのセット
■撮影の実際(4)撮影装置に転送
●スライド出力オプション
●カラーバランス

■MacRascolのバージョンアップ後の操作
ワンポイントアドバイス
スライドの撮影について

第7章 ファイルの整理

■MOドライブについて
■ファイル整理の実際
■データの圧縮(CompactProの使用方法)
●データの圧縮
●データの解凍

■1つのファイルを2HDのディスクに分割して保存する方法

第8章 こんな症状がでたら

■システム全般のトラブル
●症状:Macが正常に起動しない
●症状:キーボードやマウスの操作を受け付けない(フリーズ)
●症状:ソフトが立ち上がらない,突然ソフトが途中で終了する
●症状:そのほか,なんとなく調子がわるい

■Persuasionについて
●症状:文字の横幅がそろわない
●症状:文字の行間隔がふぞろいだ
●症状:貼り付けた画像が画面を覆ってしまい画像の大きさを調整できない
●症状:画像を移動させるのに時間がかかる
●症状:フロッピーディスクにデータが入りきらない
●症状:作ったプレゼンテーションを前のバージョンのPersuasionで開けない

■Photoshopについて
●症状:行った画像の処理をキャンセルしたい
●症状:画像を同じ大きさにそろえたい

■スキャナについて
●症状:スキャナが動かない
●症状:スキャン中にエラーが出てフリーズする
●症状:透過原稿がうまく取り込めない

■撮影時のトラブル
●症状:撮影した画面がずれている
●症状:撮影したスライドの色がイメージと違う
●症状:撮影時によけいな文字が出たり,文字が化けてしまう

その他のシリーズはこちら->

このページのtopに戻る