書籍検索








ホーム > 臨床病理学・臨床検査医学 > 臨床栄養に検査をどう生かすか

臨床栄養に検査をどう生かすか

橋詰 直孝 編
  品切れです。改版予定はございません。
B5判・174頁
定価3,150円(本体3,000円+税5%)2005年
ISBN4-7719-5058-X

【書籍名】臨床栄養に検査をどう生かすか
【品番コード】05058
購入数

はじめに

病院機能評価に栄養サポートチーム(NST)。
各科医師,研究者,臨床検査医,臨床検査技師,管理栄養士,看護師,薬剤師,更にNSTに取り組む病院の方々にとって必須の一冊。医学生や栄養関係の学生の教科書・座右の書。

目次
メール検索発刊にあたって/橋詰直孝

総 論

  1.臨床栄養に関わる基準値・境界値・カットオフ値/戸谷誠之
  2.身体計測・基準値の臨床栄養における活用/中村丁次
  3.重症患者と栄養検査−間接熱量測定の活用−/長谷部正晴
  4.血漿蛋白による栄養アセスメント/青木芳和
  5.ミネラル・水電解質酸塩基平衡の管理/木野内 喬
  6.微量元素のアセスメント/〆谷直人,ほか
  7.EBMの手法を用いたビタミン欠乏症の判定/渭原 博,ほか

各 論

  1.消化器疾患における栄養検査の意義と適用/碓井貞仁
  2.肝疾患と栄養検査−特にアルコール性肝炎と非アルコール性脂肪性肝炎について−/杉本元信
  3.心臓・循環器疾患の栄養管理/高橋伯夫
  4.糖尿病の栄養および検査/武井 泉
  5.肥満症と栄養検査/池田義雄
  6.肥満症と,鑑別すべき内分泌疾患/五十嵐紘美,ほか
  7.るいそうのアセスメント/本三保子,ほか
  8.骨粗鬆症のアセスメント/舩渡忠男
  9.食物アレルギー検査と活用法/安原明美,ほか
  10.高脂血症と栄養検査/櫻林郁之介
  11.腎疾患と栄養検査/中尾俊之,ほか
  12.褥瘡と栄養検査−微量元素の重要性も含めて−/志越 顕
  13.血液疾患と栄養検査/川杉和夫
  14.栄養関係者が知っておくべき感染症/古谷信彦,ほか
  索引
その他のシリーズはこちら->

このページのtopに戻る